サポート業務に欠かせないコールセンターシステム

クラウド型コールセンターシステムの導入メリット

CTIとPBXを徹底リサーチ!

CTI

コンピューターと電話を統合するシステムがCTIになります。このCTIでは、ユーザーや顧客から問い合わせが入った時点で、蓄積された顧客情報が瞬時に表示され、情報を確認しながら電話対応することが可能です。

PBX

ネットワーク(IP)経由で電話が使えるシステムがPBXになります。このPBXでは、ネットワーク回線を使って利用するために、1つの場所にサーバーを設置するだけで、全国各地にある支社・支店で利用することが可能です。

コールセンターシステムを導入した企業の声

導入して良かった!

サポートセンター業務が事業拡大する中、自社での対応が間に合わずコールセンターシステムを導入することが決定しました。実際に導入してみると、顧客からスピーディーな対応で安心できると言われ、満足度も向上しつつあります!(男性)

低コストで安心

コールセンターシステムを導入することで、かなりの費用がかかると予想していたのですが、意外と低コストで安心しました。また、低料金の割にサポート体制も充実しているため、契約して良かったと思っています。(男性)

顧客と自社を繋いでくれる

コールセンターシステムをは顧客からの問い合わせやクレームにおいて、顧客情報をすぐに表示させることができることができるので、迅速に問題解決を望めます。製品選びには迷ったものの、導入して良かったとただただ思うばかりです!(女性)

必須のシステムです!

以前ではコールセンターシステムが無かったなんて考えられないほど、現在の業務に浸透しています。それほど、うちの会社では重要なシステムで、カスタマーセンターやコンタクトセンターには必ず導入した方がいいと言っても過言ではありません!(女性)

システム導入前に注意!

コールセンターシステムにも様々なタイプがあり、それぞれでメリットとデメリットがあります。しかも、ツールごとで選定のポイントが違いますので、導入する前には機器や機能別に構成を理解しておいた方がいいですよ。(男性)

サポート業務に欠かせないコールセンターシステム

男女

オペレーターの負担削減

従来のコールセンターシステムであれば、全ての電話に対してオペレーターが対応するということが多かったのですがクラウド型コールセンターシステムでは自動で担当者へ振り分けてくれます。そのため、担当者に繋ぐまでの無駄な時間と手間を省くことができ、オペレーターの負担削減ができるのです。また、顧客情報などもすぐに確認できるので、より業務の効率アップを目指すことができます。

様々なコストの削減

クラウド型コールセンターシステムの導入することで様々なコストの削減に繋がります。例えば、業務が効率化されたことによって、作業工数が減らすことができるので、オペレーターの負担削減と人件費削減を実現することが可能です。他にも、使用回線の適正化によって、通信設備への投資コストが抑えられ、通信費削減にもなります。

顧客情報満足度の向上

オペレーターの経験の差によって、サービスの品質が異なり、顧客への対応の仕方が各スタッフで違うと問題視されることもありました。ですが、クラウド型コールセンターシステムでは、顧客情報を確認しながら対応できるため、新人オペレーターでも経験豊富なオペレーターのような対応が可能なのです。そのため、オペレーターによってサービスの品質が落ちるということはありません。

広告募集中